【原因・改善策】サイゼリヤのバイト面接で落ちた人の共通点とは?

【サイゼリヤ】バイトの面接中に出る!受かるサインと落ちるサインとは?

saizeriya
面接の中には、面接官の態度によって受かるサインが実は出ています。

 

では、受かるサインとはどんなものでしょうか?

 

以下のものが受かるサインです。

 

  • 最短でいつから働けるか聞かれる
  • 実際に働くことを想定された質問を多くされる
  • 面接官に店の雰囲気に合っているなどと言われる
  • 面接時間が長くなる
  • 面接官が頻繁にメモをとっている
  • 志望動機など質問が多い
  • プライベートな話が多い

 

面接の時に、「いつから働けるか?」などを聞かれたら、面接官は具体的にあなたが入ったときのことを考えている証拠です。

 

これらの多くが面接官の反応に見られたら、採用される確率が高いと考えて良いです。

 

しかし、『受かると思っていても、落ちてしまった』というのはよくあることです。

 

では、落ちるサインとはどんな物でしょうか?

 

以下のものが落ちるサインです。

 

  • 採用された後の話をされない
  • 話が具体的でない
  • 他の店で働いたほうがいいと遠回しに伝えてくる
  • 話が盛り上がらない
  • 面接時間が予定より早く終わる
  • メモをとっていたのをやめる
  • プライベートの話を聞かれない

 

メモを取るのを止めたり、プライベートの話をされないのは、あなたに対して興味がないということです。

 

このような態度が見られたときは気を付けましょう。

 

これらの反応が見られたときは、採用される確率が低いでしょう。

 

ただし、上記で挙げた受かるサインが見られなくても落ちるサインが多く見られても、採用される可能性はあるので期待は持っておきましょう。

 

 

自分は悪くない!?バイト先の都合で面接が落とされる原因3パターン

otita-why

バイトに採用されないのは必ずしも自分のせいだというわけではありません。

 

以下のようなことが原因でバイトに採用されないということはよくあることです。

 

  • 人手に余裕がある曜日にしか入れない
  •  

  • 店側が交通費支給の費用を抑えたい
  •  

  • 未経験大歓迎と書いて募集したが、本当は経験者が欲しい

 

このようなことが原因でバイトに採用されないということはよくあることです。

 

バイトに採用されるかされないかは巡り合わせの面が大きいです。

 

もし採用されなくても、めげずに次のバイトに応募しましょう。

 

サイゼリヤのバイト面接で落ちる原因は3つ!やりがちなNG解答例や行動とは?

ng
バイトは巡り合わせの面もあります。

 

しかし、バイトの面接に落ちたということは何か改善すべきところが少しでもあるということです。

 

では、どのようなことを改善すればいいのでしょうか?

 

具体的な例を見ていきましょう!

 

服装

 

面接に行く時の服装、髪型は清潔感のあるものでしたか?

 

カリフォルニア大学の心理学の教授であるアルバート・メラビアン教授が第一印象についてメラビアンの法則というものを発表しています。

 

そのメラビアンの法則によると、第一印象を決める要素において、視覚情報が55%を締めると言われています。

 

・シャツにシワがある
髪型伸びすぎていて、清潔感がない
靴が汚れている

 

このような状態で面接に行くのはNGです。

 

まずは、身だしなみを整えることからはじめましょう。

 

 

あいさつ

 

面接官に初めて会った時、元気にあいさつはしましたか?

 

先ほど紹介したメラビアンの法則によると、人の第一印象は3〜5秒で決まるとされています。

 

また、聴覚情報は人の第一印象決める時の要素の38%を占めています。

 

 

身だしなみを整えることで視覚情報を良くし、元気に挨拶することで聴覚情報も良くなります。

 

それにより、第一印象を決める要素の88%が良いものになります。

 

 

身だしなみを整え、元気にあいさつをするだけで採用率が驚くほどに向上します。

 

 

笑顔

 

あなたは面接中に笑顔を作れていましたか?

 

よく「面接中は常に笑顔でいることを心がけましょう!」と言われますが、これにはしっかりとした科学的根拠があります。

 

・笑顔は相手の緊張をほぐし、安心感を与える
・笑顔により楽しい気持ちにさせる脳内物質を分泌させる
・相手も笑顔になる

 

主にこの3点が面接時の笑顔の利点になります。

 

笑顔は相手に良い印象を与えるだけでなく、自分の緊張をほぐす効果があります。

 

さらに、笑顔になることで脳から楽しい気持ちにさせてくれる脳内物質が分泌されます。

 

これにより、笑顔になると楽しい気持ちになりやすく、面接で話すことが楽しくなります。

 

 

また、「みんなが笑っていたからつられて笑ってしまった」という経験は皆さんにもあるでしょう。

 

このことをミラー効果と言い、自分が笑顔になると、相手も笑顔になります。

 

 

つまり、笑顔により安心感を得て、楽しい気持ちになるということが相手に対しても起こるのです。

 

面接の時になかなか笑顔を作れないという人は、鏡に向かって笑顔の練習をしてみましょう!

 

 

受け応え

 

あなたは面接官の質問に対して意欲的に応えましたか?

 

当たり前のことに思えますが、面接官の質問に対して意欲的に応えることは意外と難しいです。

 

 

志望動機を聞かれたときのNG例を挙げます。

 

「暇な時間ができ、お金を稼ごうと思ってこのお店のバイトに応募しました!
また、家から近いこともあり、ぜひここで働かせていただきたいです!」

 

これでは面接官に、『うちの店でなくても良いんだな』と思われてしまいます。

 

 

このお店でなくてはならないという理由をしっかりと伝えましょう!

 

回答例はこのようになります。

 

「以前こちらで食べた料理が忘れられなくなり、そんな料理を提供するこちらのお店で自分も働きたいと思い、応募しました!」

 

 

「以前こちらのお店に立ち寄った時に、ここで働いているスタッフの皆さんがテキパキと、そして笑顔を絶やさず働いているのを見て、ここで働いたいと思い応募しました!」

 

バイトの面接を受ける前には必ずお店の良いところを見つけておきましょう!

 

【改善策】次のバイトの面接で受かるためにやるべきことは?

success
次のバイトを受かるために日頃からやっておくべきことはなんでしょうか?

 

それはズバリ、胸を張って姿勢を良くすることです!

 

『当たり前じゃないか…』と思った人もいると思いますがこれにはちゃんとした根拠があります。

 

胸を張り姿勢を良くすることで得られるメリットは以下の2点です。

 

  • 不安やストレスが軽減する
  • 能力の高い人に見える

 

南カリフォルニア大学の研究によると、不安やストレスが溜まった状態で面接を受けてしまうと、面接に落ちる可能性が高くなるということが分かっています。

 

 

面接に落ちるとさらに不安とストレスが溜まり、また面接に受からない…という負のループに陥ってしまいます。

 

この負のループを断ち切る簡単な方法が胸を張って姿勢を良くするということなのです!

 

 

実際の研究でも、面接を受ける前に胸を張って堂々とした姿を1分とってもらうだけで、自己評価が上がり不安が軽減したという結果が得られています。

 

さらに面接の評価も高くなりました。

 

 

次の面接に受かりたいという方はぜひ、日頃から姿勢を良くすることを心がけてみてください!

【スポンサーリンク】

トップへ戻る