落ちる人に共通点がある!?ジョナサンのバイトで落ちる原因を紹介【改善策】

jyonathan
ジョナサンはファミレスの中でも美味しくて、学生から主婦まで人気が高いですね。

 

そんな人気の高いジョナサンだからこそ、面接も難易度が高いです。

 

 

だからこそ、面接で落ちてしまってもしょうがないと思ってしまいます、

 

しかし、バイト面接で落ちた原因を分析しないと次のバイトも落ちる可能性が高いです。

 

人によって落ちる原因はそれぞれなので、落ちてしまうパターンをそれぞれ見て、次のバイト面接に繋がるようにしていきましょう。

【ジョナサン】バイトの面接中に出る!受かるサインと落ちるサインとは?

otiru

まず、はじめにバイトの面接中に出ている合否のサインについて見ていきましょう。

 

自分の面接を思い返してみて、あてはまるところがないか確認してみましょう。

 

受かるサイン

 

①いつから働けるか具体的に聞かれる。

 

いつから働けるかを聞かれた場合は、ジョナサンの店長が積極的に人を採用したいと思っています。

 

また、この質問をされる場合は、現在その店舗のジョナサンが人手不足で、いち早く人員を確保したいと考えていることが多いです。

 

 

②働き始めた時の詳しい説明がある。

 

以下のような、働き始めた時の詳しい説明がある場合は受かるサインです。

 

「シフトの希望は毎月何日までに提出してください。」

 

「交通費は月○○円まで支給できます。」

 

不採用にする人に対して詳しい説明をしても無駄なので、このような説明がある場合は受かります。

 

落ちるサイン

 

①いつから働けるか聞かれない

 

受かるサインと逆で、いつから働けるか聞かれない場合は積極的に採用しようとしていないサインとなります。

 

店長としては、すぐ働いてくれる人を採用したいと考えていますが、面接時に不採用にしようと考えている場合はこの質問はされないです。

 

 

②面接時間が短い

 

店長は採用したい人には、面接のときに話した内容と実際に働いたときとのギャップをなくすために仕事の詳細を話します。

 

ギャップがあるとすぐにやめられてしまう恐れがあるからです。

 

不採用を考えている人には詳細な説明がなく、面接時間が短いです。

自分が悪くないパターンもある?ジョナサンのお店側都合で落とされる原因とは?

ok
次はお店都合で落とされる原因についてです。

 

どんなに面接の対策を行っても、ジョナサンのお店都合で落とされてしまうことがあります。

 

お店都合で落とされてしまう原因は以下の通りです。

 

自分の希望するシフトが今いるスタッフと被ってしまう

 

仮に自分が月・火・水の夕方から働きたいと希望したとして、その時間帯は人が埋まってしまっている場合は不採用になってしまいます。

 

この場合は自分とお店の都合が合わなかっただけですので、しょうがないです。

 

他に条件の良い応募者がいた

 

どんなに面接でしっかりとした受け答えができ、シフトもいっぱい入れることを伝えられても、同じ条件でさらに接客や調理のスキルが自分より上の応募者がいた場合は落とされてしまいます。

 

こちらもタイミングが悪かったと思って切り替えましょう。

 

お店都合で不採用になってしまった場合は、自分に原因はないので、落ち込まずに次の面接に切り替えていきましょう!

ジョナサンのバイト面接で落ちる原因は5つ!やりがちなNG回答例や行動とは?

ng_baito
前の項目ではお店都合で落とされる原因を説明しましたが、ほとんどの確率で自分に原因があるものです。

 

落とされる原因を理解して次の面接では失敗しないようにしましょう。

 

質問に対して適切な回答ができていない

 

【NG回答例】

 

質問1:志望動機は?

 

⇒家が近く通いやすいので応募しました。

 

家が近いという理由だけですと、他のアルバイトもあるので「別にここでなくてもいいのでは?」と思われてしまいます。

 

なぜこのお店がいいのかという理由も伝えられるようにしましょう。

 

例えば、「普段から、こちらのお店を利用させていただいていて、スタッフの方の接客が親切だったからです。」などです。

 

 

質問2:シフトの希望は?

 

⇒土曜、日曜は入れないです。

 

ジョナサンはファミリー層が多くくる土曜、日曜が混雑するので、店長は土日にたくさん入ってくれる人を採用したいと考えています。

 

実際に土日に入れないのに土日に入りますと言うと嘘になってしまいますが、自分の希望ばかりを押し付けず、なるべく調整できることを伝えましょう。

 

 

例えば、「土曜の午前中は○○があるので、夕方からなら働けます。」「月に3回は土日に働けます。」などが良いですね。

 

 

質問3:何か質問はありますか?

 

⇒この仕事、きついですか?

 

面接の最後に聞かれることが多いですか、この質問で印象を悪くしてしまう方が多いです。

 

きついか?などネガティブな質問をしてしまうと「この人はやる気があるのか?」と疑われてしまうので注意しましょう。

 

 

また、「まかないは毎日食べれますか?」などの質問もNGです。

 

「一人前になるにはどれくらいかかりますか?」「どの程度仕事を任せてもらえますか?」などやる気をアピールできる質問をしましょう。

 

 

不適切な言動

 

■面接に遅刻してしまう

 

当たり前ですが、時間は厳守です。

 

遅刻をしてしまうと「時間が守れない人」という印象をもたれてしまいます。

 

実際働き始めても、シフトの時間を守ってくれないだろうと不採用になってしまいます。

 

面接開始時間の5分前にお店に着くようにしましょう。

 

 

■言葉遣いが悪い

 

店長は「この人が実際にこのお店で働いたら」を想像して面接を行います。

 

言葉遣いが悪いと、「この人にジョナサンの接客は任せられない」という判断をされてしまい、不採用になってしまいます。

 

面接時は敬語を意識して、語尾は「です・ます」で話すようにしましょう。

 

 

■声が小さい

 

挨拶するときや店長と話すときに声が小さいとコミュニケーションが取れない人だと思われてしまいます。

 

面接中は、ハキハキと大きな声で話すようにしましょう。

 

さらに姿勢が悪いと大きな声が出づらいので、背筋を伸ばすように意識してみて下さい。

 

 

身だしなみ

 

■清潔感がない

 

ジョナサンは料理を扱うところなので、清潔感がないと採用されません。

 

服装はシンプルで清潔感のあるもの着ていきましょう。

 

シワや汚れがないように注意してください。

 

また、髪型は男性は短めに、女性は長い場合はひとつにまとめておくとよいでしょう。髪色は暗めの色にしましょう。

 

 

■服装が不適切

 

不適切な服装で面接に行ってしまうと不採用になってしまいます。

 

ジョナサンの面接はカジュアルな服装で大丈夫ですが、だらしない服装はしないようにしましょう。

 

ジャージ・スウェット・サンダルなどはNGです。
また、派手すぎる服装もNGです。

 

アクセサリー類は外しておきましょう。

 

服装は無地のシャツに男性はチノパン、女性はひざ丈のスカートが良いでしょう。

 

学生の場合は、制服でもOKです。

 

ジョナサンで落ちても次のバイトを受かるためにやるべきこととは?

success
バイトに落ちてしまう原因はお伝えしたので、次はバイトに受かるための改善策をご紹介します。

 

①事前に質問に対する回答を準備しておく

 

失礼なことを言わないのはもちろんですが、質問に答えられず黙ってしまうのも悪い印象を持たれてしまいます。

 

どんな質問をされるかは実際に面接にいかないとわかりませんが、次の3つは最低限準備しておきましょう。

 

■志望動機

 

志望動機は上でも説明した通り、「なぜこの店がいいのか」を伝えられるようにしましょう。

 

例えば、以下のようになります。

 

「こちらのスタッフの方が親切で、自分もここで接客について学びたいと思ったから。」

 

「ファミリーレストランでジョナサンの料理が一番好きで、料理について学びたいから」

 

 

このような質問にプラスで「家が近く通いやすい」、「時間が調整しやすい」などの条件を伝えられれば、「このお店がいい」ということを伝えられます。

 

 

■長所、短所

 

まず、長所はこれまでの自分の人生経験から「こんなことができる」ということを伝え、それがこのバイトで活かせるということまで伝えられると良いです。

 

 

短所は「自分にはこのような欠点がある」ということを伝え、その改善にどのような行動をしたかまで伝えられると良いです。

 

例えばコミュニケーション能力が長所だとすると、このようになります。

 

「人と話すことが好きなので、お客様に満足してもらえる接客ができると思いました。」

 

そして、短所がマイペースだとする場合は「マイペースだとよく周りから言われるので、何か人と作業をするときは自分の作業に制限時間を設けて、周りの人に時間を合わせるよう意識しています。」などにしましょう。

 

■質問

 

なにか質問はあるか聞かれることがあります。

 

用意していなく、「何もありません。」と答えてしまうと、やる気がないと思われてしまいます。

 

質問は最低2個は用意しておきましょう。

 

以下にまとめておきましたので活用してください。

 

「どんな時にやりがいを感じますか」

 

「一人前になるにはどのくらいかかりますか?」

 

「将来的にどこまで仕事を任せてもらえますか?」

 

「接客(調理)以外にどのようなことが学べますか?」

 

以上のように、やる気がアピールできる質問をすると良いです。

 

②第一印象を良くする

 

第一印象を良くするだけで採用の確立はぐんと上がります。

 

意識する点は、服装・身だしなみ・笑顔です。

 

■服装

 

スーツなどフォーマルな恰好でなくてもよいですが、清潔感がある恰好で面接に行きましょう。

 

シンプルな服装で汚れやしわがないよう注意してください。

 

派手な服装もNGです。

 

客観的にみて違和感のない服装で臨みましょう。

 

■身だしなみ

 

こちらも清潔感が第一ですので、不潔だと一発でOUTです。

 

  • 髭の剃り残しはないか
  • 爪は伸びていないか
  • 髪は長く伸びきっていないか
  • 髪は明るくないか
  • フケはついていないか

 

以上を面接に行く前にチェックしておきましょう。

 

■笑顔

 

笑顔がなく無愛想だと印象は悪くなります。

 

接客業ですので、笑顔で話せるかも重要な評価ポイントになります。

 

 

キッチンでの採用でも暗い人と働きたいなど店長は思いません。

 

少し口角を上げ、返事や挨拶をする場合はハキハキと話すようにしましょう。

 

以上のことを抑えれば、採用される確率は大幅に上がります。!

 

この記事で紹介したことを意識して、次回の面接に備えておきましょう!

【スポンサーリンク】

トップへ戻る