元コンパニオンが語る!危険なことからバイトの稼ぎなどを教えます。

今回はイベントコンパニオンのバイトを経験した女性の体験談を書いてもらいました!

 

実際にイベントに参加する場での流れから当時のやること、稼ぎから大人の事情などを紹介してきます。

 

イベントコンパニオンバイトでやることや面接、資格や条件はある?

コンパニオン,バイト,給与,稼げる,危険
まず華のあるキレイなコンパニオンが集まるようなイベントで活動したい女性は、事務所に所属しないとできません。

 

もちろん普通の宴会のようなコンパニオンなども事務所で仕事を貰うようになります。

 

事務所の面接次第で、仕事のランクが決まります。

 

派手ではないが華やかさがあり、上品でしっかりとしている印象を与えると割と良い仕事を貰えます。

 

受け答えなども、綺麗な声でハキハキと応える方が、信頼してもらえますね。

 

イベント当日の仕事の流れは?

コンパニオン,バイト,給与,稼げる,危険
展示会やキャンペーンなどでは、開始時間の1時間から30分前に集合します。

 

初日は1時間から1時間半前に集合して、業務内容や商品、企業の説明を受けます。

 

翌日からは朝のミーティングまでに着替えて準備を済ましておくというパターンが多いです。

 

ミーティングが終わると、開始時間までにメイクや身だしなみを再度チェックして、開始時刻5分前には指定のポジションにつきます。

 

 

1時間から1時間半ほど、呼び込みやサンプリングを行い、30分ほどの休憩を挟むというローテーションで仕事をします。

 

ステージがあるイベントでは、ステージアシスタントを担当することもあります。

 

 

その場合は、前日に半日から1日かけてリハーサルを行います。

 

ステージでは、ナレーションに合わせて、ステージ上で演出のサポートを行います。

 

コンパニオンのバイトできついことや楽なことは?こんな人におすすめ!

コンパニオン,バイト,給与,稼げる,危険
きついことと言えば、やはり高いヒールのパンプスを履いているのでとにかく足が疲れます。

 

楽なことは、重たいものを持つの雑用などは男性スタッフがしてくれるので楽です。

 

 

コンパニオンをおすすめできる人は、スタイルや容姿に自信があり、マナーなどがしっかりとしている人がおすすめです。

 

いろんなお客様を相手にするので、対応能力の高くてコミュニケーションが取れる人が人気です。

 

身長なども基準になりますので、最低でも160cmくらいないと仕事に合格しにくいです。

 

イベントコンパニオンって稼げる?時給や給料はどれくらいか教えます

コンパニオン,バイト,給与,稼げる,危険
イベントコンパニオンは、仕事の単価が高いことがメリットです。

 

日給1万以上の案件はたくさんあります。

 

東京モーターショーなど、長期間の仕事が入った時には最高で月70万円近くの収入がありました。

 

 

仕事は平日の展示会の連続3日間や土日に入ることが多く、平均で20万円程度入ります。

 

しかし、その場合の勤務日数は月15日から20日ほどです。

 

オーディションや書類選考がある場合は、日給12000円以上が多いです。

 

日給20000円を超える場合もありますが、仕事に受からないと月5万円にも届きません。

 

逆に誰でも合格できる案件は、その分ギャラも低く日給で8000円ほどです。

 

オーディションや書類選考は、ほとんど毎日紹介されます。

 

 

仕事が決まった順に、スケジュールが押さえられるので、売れっ子ほど自然とオーディションなどに行く回数が少なくなります。

 

売れっ子になると、月に50万以上稼ぐことも可能です。

 

 

しかし、基本的に事務所でのランクによって、紹介される仕事や給料が違います。

 

仕事を取れる人ほど、給料の高い仕事を多く紹介してもらえます。

 

 

もちろん書類選考やオーディションがあるので、合格しないと仕事がありません。

 

初めて仕事をするときは、パンプスや白スカート、ヌーブラやストッキングなど自分で揃えないといけません。

 

それらだけで1万円くらい出費します。

 

 

事務所に提出する宣材写真は、2万円近くすることもあります。

 

仕事が決まればすぐに回収できる金額ですが、自己負担の金額は大きいです。

コンパニオンのシフト・時間帯の人数・年齢層・人間関係は?

シフトは現場により異なります。

 

展示会などでは1時間から1時間半ほど業務をして、30分ほどの休憩を取るローテーションです。

 

量販店のキャンペーンでは、6時間勤務で45分など休憩は少ないです。

 

 

ステージのみの仕事は、ステージの時間以外は休憩になります。

 

年齢的には20代前半が1番稼げる時期です。

 

 

毎回同じメンバーではないので、人間関係はあっさりとしています。

イベントコンパニオンって大学生でもできる?

 

大学生でも、土日だけやる条件で事務所に入ることができます。

 

しかし、学生だから許されるなどの甘い世界ではありません。

 

 

稼げるかと言ったら、普通のバイトの時給よりは高いですが大変です。

 

もし大学生でやりたい場合は、なぜイベントコンパニオンをしたいのかという熱意と仕事をちゃんとできるかの誠意が必要です。

 

 

コンパニオンって裏で誘われたり危険なイメージがあるけど、実際はどう?

コンパニオン,バイト,給与,稼げる,危険
食事の誘いはすごく多いですし、合コンのような感じです。

 

プライベートで会うことは禁止されませんが、何かあっても事務所は関わらないという感じです。

 

そのままクライアントの企業の人と結婚して、辞めるコンパニオンも多いです。

 

仕事なのか合コンなのか、よくわからない企業も多いです。

 

大抵がベンチャー系のイケイケ系IT企業です。

 

そのような案件では、彼氏がいることがクライアントにバレて、仕事を外されたコンパニオンの話もよく聞きます。

 

 

しかし、基本的に打ち上げなどがある仕事ではマネージャーが同行しています。

 

エッチなお誘いなども、マネージャーがそばにいるので、うまく逃がしてくれます。

 

 

しかし、逆に事務所に所属せずにフリーで仕事をしている子も少しはいます。

 

そのような子は直接お金をもらっているので、ほかの子よりも給与は多いですが、何かあっても自分で解決しないといけないというデメリットもあります。

【スポンサーリンク】

トップへ戻る