【体験談】居酒屋のキャッチに給料の仕組みや本音、裏側を聞いてみた

居酒屋,キャッチ,仕組み,給料
新宿や大阪、名古屋、横浜など繁華街には居酒屋のキャッチのお兄さんをよく見かけますね。

 

あのバイトは完全歩合制という、捕まえたお客さんの数だけお金がもらえて高収入と聞きます。

 

『居酒屋のキャッチの給料の仕組みやどれくらい稼いでいるのか?』など実際の話を聞きたくて、知人に紹介してもらって現役でキャッチをやってる大学生にインタビューさせていただきました。

 

*ここでのインタビューは、雑談など不要なものは省略しています。

 

当サイト管理人 「今回はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。 まずは自己紹介とそもそもキャッチを始めたきっかけは?」

 

大学生 「いえいえ。 普通に大学に通っている大学生です。時給制だといくら頑張っても同じ時給だしただ時間を浪費してるだけな感じがして完全歩合でお客を引いた分だけお金が貰えるキャッチをやってみたくなりました。」

 

当サイト管理人「時給制に飽きてしまったんですね。週何回、1日何時間キャッチのバイトをしているんですか?。」

 

大学生「 キャッチは週2、3くらいで勤務時間は基本的にキャッチの会社が17時から22時までの5時間なんですけど曜日によって学校遅いので18時とか19時に始めて22時頃には終わります。」

 

当サイト管理人 「意外と早く終わるんですね。そういえばさっき気になったんですがキャッチの会社って何ですか?」

 

大学生 「遅い時間だと終電もあるしお客が引けないんですよ(お客を引く=お客さんを捕まえる)。

 

キャッチをまとめてる会社っていうのがあってその会社が居酒屋と契約しててその店をキャッチが紹介するんですよ。

 

複数の店舗紹介できるしほとんどのキャッチはどこかの委託会社に入ってますよ。」

 

 

当サイト管理人 「なるほど。キャッチの完全歩合制の給料の仕組みがいまいち分からないのですが詳しくお願いします。」

 

大学生 「キャッチでも店や会社によって違うんですが、基本的に自分が引いたお客さんがお店で飲み食いした飲食代金の11〜15%くらいが自分の報酬になります。」

 

当サイト管理人「1割ほどなんですね。ってことは引いたお客さんがその居酒屋で1人3000円使ったらキャッチには300円くらい入るんですね?」

 

大学生「そうですね。サービスとか値引きしちゃうこともあるんですけど4人1組で1人3000円なら12000円、自分には1200円って感じですね。」

 

当サイト管理人「1組で1200円って時給でもそんなバイト中々ないですよ!」

 

大学生「確かに。でもそう簡単に4人1組捕まえられないです。」

 

 

当サイト管理人「もしお客さんが引けなかったら何か手当はあるんですよね?」

 

大学生「いやないです。その日の給料は0円です(笑)」

 

 

当サイト管理人「ほんとですか!大変ですね。 ぶっちゃけ儲かるんですか?

 

大学生「ほんとに実力と運次第ですね。 でも普通にガンガン声かけていけばいつも時給1000円くらいはいきますよ。」

 

 

当サイト管理人「なるほど。 実際に儲かった日はどんな感じですか?」

 

大学生「そうですね。引いたお客さんが結構飲み食いしてくれて他にも引いたので4時間で8000円越えましたね。」

 

当サイト管理人「時給2000円じゃないですか! すごいですね。逆に儲からなかった日は?」

 

大学生「いえいえ。儲からなかった日は雨が降ってて時給で換算すると800円か900円くらいの時ですかね。」

 

 

当サイト管理人「時給2000円に比べたら物足りないですね。 実際にキャッチをやってて辛かったりキツいと思うことは?」

 

大学生「まずはお客さんを引けない時はキツいなと思いますね。実際に1時間に2組引けたら良いって感じですし。あとは無視されることですかね。僕はいつもしつこく声をかけないようにしてるのに最初から無視してくると辛いですね。あとは変な酔っ払いに絡まれそうになることとかですかね(笑)」

 

 

当サイト管理人「意外とキャッチも大変なことが多いんですね。最後にキャッチをやってて良かったことも教えてください!」

 

大学生「そうですね、接客業も掛け持ちなんですけど全然キャッチの方が楽ですね。ブラブラして声かけるだけで怒られることもないですし。 あとは完全歩合制だからお客さん引いた時はめっちゃ嬉しいですしまたお客さん捕まえるぞ!って元気が出ます(笑) 自分の頑張りでめっちゃ儲かる日なんかは気分が最高ですし普通のバイトにはないのが味わえるのが良いところって感じです!」

 

当サイト管理人「他のバイトでは味わえないっていいですね! 今日はありがとうございました!以上で現役キャッチの方によるインタビューを終わります。」

【スポンサーリンク】

トップへ戻る