【体験談】女子の引越しバイトはキツイ!?経験者の私が高校生や大学生でもできるか教えるよ

 

引越しのバイトって女子高生や大学生にはやっぱりきつい?

引越し,バイト,女子,きつい,高校生,大学生
アルバイト募集サイトで上位に挙がって募集がかかっているお引越し屋さん。

 

その欄には、『梱包』などの言葉がよく見られると思います。

 

 

梱包というのは、当日の作業現場で「資材」と呼ばれる毛布等で家電製品や精密機器などを梱包し、そのまま運ぶまでがお仕事内容とされています。

 

それでは運ぶのも仕事ってことは、重いものもやっぱり持つの?と思いますし、それだけの情報で引越しのアルバイトに応募するのは怖いですよね。

 

 

結論から言うと、アルバイト募集サイトの梱包のみというのはあまり信用はしないほうがいいです。

 

基本的には、男性も女性も関係なく重いものは持たなければいけません。

 

実は男性の比率が多いから実際は重いものをあまり持たない!?

 

重いものを運ぶと言いましても、やはりお引越しの現場スタッフはやはり男性の比率のほうが多いです。

 

あまりに重たいものや、男性スタッフの手が空いてるのにわざわざ女性スタッフが持つ、というのはさすがにないので安心してください。

 

なぜなら、わざわざ持てるか微妙な重そうな荷物を女子に持たせて落としたら責任者や会社側が怒られてしまいます。

 

 

責任者は引っ越しのベテランですし、男女にどんな荷物を運ばせるか割り振るのも慣れていますので安心してください。

女子の募集も増えてる!引越しバイトで女子も必要な理由とは?

実は、この頃お引越し業界に引越しバイト女子が増えてきています。

 

なぜなら梱包の作業には、丁寧な梱包技術が求められています。

 

手先が器用なのは男性よりも女性という安直な理由ではありますが、やはり梱包要員として現場チームに女性を一人は絶対に含める会社も出てきているみたいです。

 

お引越しには当日の現場にてそれぞれのポジションが決まっています。

 

基本的には2~4人一組で荷物の多いときはその倍の人数まで膨れ上がるときもあります。

 

お部屋の中で梱包をする役が「部屋中」と呼ばれています。

 

主にその日の責任者クラスがやるか、手先の器用な女性がやるかです。

 

部屋中の人はその現場の指揮官のようなポジションで、現場そのものの段取りは部屋中が組みます。

 

その次が『真ん中』と呼ばれるポジションです。

 

真ん中は運ぶことがメインですが、階段作業と台車を使うエレベータ作業の2つがあります。

 

 

階段作業では体力のある人が重宝され、台車を使うエレベーター作業では要領よくエレベーターを回せる人が重宝されます。

 

階段作業は女子にはやらせませんが、エレベータ作業なら楽なので女子がやることもあります。

 

 

部屋中は梱包したものを真ん中の人に渡します。

 

 

そして真ん中の人は最終地点である『積み』ポジションの人に荷物を渡します。

 

 

積みの人はトラックの中で荷物を積み込む役です。

 

走行中に荷物が荷崩れしないように、かつその荷物に負荷がかからないような積み方をするなど少し技術のいるポジションではあります。

 

 

ここも女子には重いものが来てしまいますし、スピードと技術が必要なのでベテランの男性がやる可能性が高いですね。

 

ご新居で荷物を下ろすときはこれの逆の流れになります。

 

基本的にはバケツリレー方式で行います。

 

 

引越しバイトの現場に女子がいるというメリットは、実は梱包などの作業のメリットだけではないんです。

 

実は当日の現場スタッフに女性を入れるというメリットは、女性に部屋中を任せるとお客様に安心してもらえるという点があるんです。

 

 

女性のお客様だと、なおさら部屋中が女性だと安心するみたいです。

 

引越しバイトをやってて楽しいことは?

 

お引越しは当日の日給などとは別にお客様からご祝儀がもらえることもあります。

 

お飲み物やお弁当、お菓子などいろいろともらえるのがなんだかんだ嬉しいですね。

 

 

ですがやはりお客様からもらえる「ありがとう」の言葉がとても嬉しいですね。

 

重いものを持ったときに「すごい!」って感動されるのも気持ちがいいです。

 

そしてなにより男女関係なく、共に汗をかき力を合わせて現場をやりきるという達成感があります。

 

これに関してはやってみないと本当に理解ができないと思いますが、引越しのバイトのやりがいを感じられますよ。

女子の引越しバイトのメリットはシフトの自由+ダイエット効果も!?

女子も男子も関係なしに、引越しのバイトのメリットはシフトの自由がありますね。

 

引越しバイトは会社側にもよりますが、基本的には朝7~8時くらいから16時くらいの終わり、遅くても21時くらいに終わります。

 

 

シフトは月に1,2回でも、休みの時期なら週に何日も入っても大丈夫です。

 

普通のバイトはシフトが少ないと怒られてしまうことがありますが、引っ越しバイトは好きな時にできるので心配ありませんね。

 

引越しバイトの求人+短時間・単発バイトがおすすめ!

 

引越しのバイトは1日かかるので、私の場合は夜だけなどの短い時間の1日限りの単発バイトができるサイト(→ショットワークス )に登録していました。

 

引越しバイトだけもいいんですが、こんなデメリットが実はあります。

 

  • 面接から登録などに何日もかかる
  •  

  • 現場がブラックだったり、ハズレの責任者ばかりいる

 

ショットワークス なら面接もないですし、登録などに10分もあれば完了するので楽に引越しバイトも始めれらます。

 


 

さらに引越しする時の会社はそれぞれ違う会社になるので、引越し会社のハズレなどを心配することもありません。

 

せっかく何日もかけて引越しバイトの会社に登録して、ハズレだったから行かなくなるなんてもったいないですからね。

 

 

引越しバイトは運動でダイエットになる!

 

引越しバイトでずっと梱包だけではないので、荷物を運ぶこともありますね。

 

普段荷物を運び続けることはあまりないので、最初は筋肉痛になります。

 

 

しかし、筋肉痛でつらいのも初めの2週間ほどです。

 

引越しバイトで軽く筋肉もついて、移動時間を除いて6時間くらい運動ができます。

 

長時間、運動する機会って自分で作りづらいですよね?

 

 

引越しバイトは運動になりますし、筋肉も軽くつくのでただ痩せるのではなく痩せやすい体も作れてリバウンドしづらくなります。

 

 

お金も稼げて、運動にもなって痩せやすい体を作れる引越しバイトはやはりオススメですね。

 

 

【引越しバイトの求人を見つけてみる→ショットワークス

 

 


【スポンサーリンク】

トップへ戻る