【バイト飽きた→やめる。は危険!】その理由とマンネリを解消する方法

バイトに飽きたから辞めようかなと思っているならちょっと待った!!

【バイト飽きた→やめる。は危険!】その理由とマンネリを解消する方法
 バイトを続けていると、どうしてもミスをして怒られて辛い思いをする、同じ仕事に飽きてやめてしまいたいな~と思うこともあると思います。

 

しかし、そこで辞めてしまうのは次のバイトにも影響するのでオススメできません

 

なぜならバイトが飽きる→やめるという思考回路にハマってしまうからです。

 

どんなバイトだろうが、人間なのでミスはしますし、毎回違うことをするというのはあり得ないので、次のバイトに行っても飽きてしまうことや辛い思いはあり得ます。

 

飽きてバイトをやめたけど、新しいバイトを始めたら、前のバイトの方が良かったとクづく人も多いです。

 

しかし、一回辞めたから手続きが面倒だったり顔が出しづらくなるなどの戻りづらいことにもなります。

 

 

そして学生なら特にバイトが辞めたくなった時に、一回踏ん張ってみた方がいいです。

 

なぜなら社会人に出た時の耐久性がつくからです。

 

社会人は職場に週5日間、朝から夜まで仕事をすることを何十年も続けるため、バイトに比べても飽きることや上司に怒られることが多くなります。

 

学生のバイトのうちから飽きたり辛いから辞めるを繰り返していると、社会人でも辞めたくなって仕事を嫌々やるようになっていくでしょう。

 

そこで、今のバイトに飽きたり辞めたくなるマンネリを解消する方法を紹介していきます!

バイトのマンネリを解消する方法ランキング

 

第3位 掛け持ちでバイトを始める

 今のバイトの比率を減らして、新しいバイトを始めると新鮮な気分にもなります。

 

2つ目のバイトを全然違う仕事をするバイトにすることで、2つのバイトを交互にして飽きることも絶対に軽減できます。

 

もし他のバイトを経験したことがない人は、どっちのバイトの方が楽しくて自分に合うかなどの比較もできるメリットもあります。

 

もちろんデメリットもあります。

  • 2つのバイトをすることで働くことが多くなり、時間が無くなる
  • 新しいほうのバイトに入るための手間や仕事を覚えるなど最初が面倒

 

もちろん時間があり、稼ぎたい人にはマンネリ解消と共におすすめですね。

 

第2位 短期バイトで逆にきつい仕事をしてみる

 今のバイトに飽きているけど、新しい仕事も見つけるのは面倒くさいなという方には、短期バイトがおすすめです。

 

そして逆にきつい短期バイトをすると、「今続けているバイトの方が楽!」と感じてありがたみを感じます(笑)

 

きついバイトで手続きが簡単に始められるのは、工事現場の交通整理などの警備員・引っ越しや工場の力仕事などです。

 

高日給の警備員求人ケイサーチ!

 

ここらへんを経験すると、今のバイトのマンネリを解消できるかもしれません。

 

第1位 バイトで長期休暇をとって、リゾートバイト・治験をする

 今のバイトが嫌だなと思ったときに長期休暇を取ることもリフレッシュになりますが、お金が無くなってしまうという問題がありますね。

 

しかも、長期休暇でダラダラしているだけだと、さらにバイトに行くのが憂鬱になる逆効果があることもあります。

 

そこで、楽しく旅行気分でバイトをできてリフレッシュもできるのがリゾートバイトです。

 

リゾートバイトで有名なのがスキー場、温泉などの旅館ですね。

 

場所も日本各地にありますし、旅館なら美味しいごはんを食べられて新しいバイト仲間もできますね。

 

自分で期間を決めて(1~3週間ほど)、住み込みをすればリフレッシュできること間違いないです。

 

そしてリゾートバイトは普段味わえない経験ですのでおすすめです。

 

リゾートバイトならアルファリゾート!

 

ちなみにリゾートよりも高収入で、勉強とか仕事をしながらバイトしたい方は治験もおすすめです。

 

治験についてはこちらで詳しく解説しています。
大学生が3日で7~8万貰えるバイト【治験】とは?

 

バイトが飽きても、やめずに一回考えてから行動することをおすすめします!

【スポンサーリンク】

トップへ戻る