フリーターが年収600万の正社員になれる!おすすめの職業と求人サイト教えます

お金がなく生活が厳しいフリーターから高年収の正社員になれる?

今はアルバイトの求人も多く、フリーターとしてアルバイト生活をしている人は2016年度の調査では1365万人います。

 

その中でも、15歳から34歳までのフリーターの数は369万人です。

 

フリーターの人でも種類は様々ですが、ただ何となくアルバイトをしている人から夢を追っている・やりたいことをしている人もいますね。

 

そんなフリーターのメリットとしては、仕事を都合により休んだりシフトに融通が効くことや職業を転々と変えられることもあげられます。

 

しかしデメリットとしては、貰えるお金が少なく生活が厳しいのも現状ですね

 

例えば1年間で見ても、時給1,000円で週5・8~10時間勤務として月収16~18万円程で年収約200万ですが、こんな費用がかかります。

 

所得税 年間3~4万円 およそ月額3千円
住民税 年間9万円 およそ月額8,000円
健康保険(社会保険未加入) 年間11万円 およそ月額9,500円
国民年金(社会保険未加入) 年間19万円 およそ月額16,000円

 

毎月36,000円も税金などで取られてしまい、手取りは12万円ほどになってしまいますね。

 

アルバイト先の会社の社会保険に入っていて半額負担でも24,000円は取られます。

 

これに加えてケータイ代や家賃、食費・光熱費代・水道代と払っていたら手元にはほぼ残らず貯金も貯まりません。

 

そこで将来が心配になってきて正社員になろうか考えますが、今更なれるのか不安にもなりますよね。

 

結論から言うと、正社員になれます。

 

現在では人手不足がどこでも起きていて、求人や転職サイトも絶えてない状況です。

 

そんな中で真面目に取り組めば、人手を欲しがっている企業からすぐに受け入れてもらえます。

 

さらに正社員のメリットはフリーターに比べるとこんなにあります。

  • 歳や働く年数を重ねるほど年収が20万~100万も上がってくる
  • ボーナスが年1,2回もらえる
  • アルバイト以上に福利厚生がしっかりしている
  • 社会的地位が向上する
  • 退職金がもらえる

 

フリーターだと何年働いても時給が20~30円程度しか上がらないうえに退職金もありませんし、ボーナスなんてなおさらありませんよね。

 

もちろん正社員は仕事を休めないし毎日働くようなイメージがありますが、そこはフリーターも週4,5は働いているので変わりはありません。

 

そんな違いはなく、フリータから正社員で年収500万円以上で月に30万貰っている人も多いです。

 

では、実際にどんな職業にフリーターの人たちも就職していておすすめなのか紹介していきます。

フリーターから正社員になるおすすめな職業は?

まずはこれを見てください。

 

フリーター,正社員,おすすめ,職業,求人

 

業種としては営業職が多い傾向ですが、フリーターの方の正社員になる職業として合うかは正直微妙です。

 

なぜならアルバイトは同じことの繰り返しになるため、急に営業に飛び込むと色んな人と会って試行錯誤して買ってもらうのが苦になる可能性があるからです。

 

逆に毎日同じ仕事を繰り返せているフリーターの方に合うのは、2番目3番目に多いエンジニアと販売・サービスの職業がおすすめです

 

エンジニアや販売・サービスは1つのことに長くやるため、アルバイトを長く続けられているからこそ適正として良いと思います。

 

でもエンジニアはパソコンとかできないし不安・・・と思いますよね。

 

実際にエンジニアの半分の割合は、会社に入ってスキルを覚えるくらいの初心者の方も多いので大丈夫です。

 

IT業界は人手不足ですし、そこでスキルを覚えれば職に困ることもなくなるでしょう。

 

フリーターに特化したおすすめ就職サイトは?年収600万以上も可能!?

実際にハローワークなどで特定の求人を求めるよりは、色んな企業を見て専門のエージェントの方と面談していくことが比較できて良いでしょう。

 

そして、何よりも給料も高いほうがいいですよね。

 

そうなると、正社員就職実績5,000人で有名企業への就職口もあるミーツエージェント がおすすめです。

 

実際にミーツエージェントが提携している有名企業はこのようになっています。
フリーター,正社員,おすすめ,職業,求人

 

この企業の中の平均年収は一部このようになっています。

  • サイバーエージェント 平均年収680~700万
  • セブンアンドアイホールディングス 平均年収400万
  • SBSホールディングス 平均年収654万

 

このように高年収の案件も多数あります。

 

さらにミーツエージェントのメリットは、書類選考ではなく人物重視で面接採用を設けてくれることです。

 

これにより、実際に学歴などに悩んでいてもエージェントと相談して、面接までつなぎ合わせて正社員になることが可能です。

 

いつでも無料で相談を行っているので、1度相談してみることをおすすめします。

 

【公式HP】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!MeetsAgent!

 

 

【スポンサーリンク】

関連ページ

TOEICの点数は就活に必要ない!?就活生は低いスコアでも勝負できますよ
TOEICの点数は就職に有利と言われますが実際の声や調査から就活で本当に必要なのはスコアではなかったんです。
【2018年卒】今の大学3年生のインターンシップ募集の日程が決定!
就活が近づいてきて大学3年生はインターンシップについて意識し始める時期ですね。そんな中で実際にインターンシップの応募や募集の時期はいつからか?という疑問にお答えします
就活が決まらないあなたは利用してますか?企業からオファーが来るサイト【キミスカ】
就活では企業側との相性や運なども要素に入ってしまいます。そこで落ちてしまって就活が決まらない、終わらないで焦っている人への逆スカウト型就活サイトを紹介します。
【2018年卒】現大学3年生の就活が始まるのはいつからか2パターンで考えよう!
就活のエントリーが始まる時期は毎年日本経済団体連合会が決めています。就活時期が遅くなって良くないという声があったんので2018年卒の今の大学3年生は早くなるという噂もあるため2パターンの時期を想定しましょう。
体育会の就活は本当は不利? 就職と部活のメリットデメリット
就職活動において噂される体育会に所属してる生徒は有利という言葉。実際にどのような部分が有利か不利か検証しました。
フリーター最強説はほんとか?フリーターと正社員の違いを比較してみました。
大学をを卒業しても就活をしない、失敗をしてフリーターになってしまう人もいます。フリーターと正社員の違いはどうなのかお金や私生活の充実を比較してました。
20代大卒のフリーター再就職はどうするべきか。ハローワークは行ってはいけない理由
20代の大卒(既卒)でフリーターをやめて再就職はどうするべきなのか?ハローワークではなく他の方法も紹介していきます。
インターンシップが決まらない人必見! 受からない3つの共通点とは?
就活のためにインターシップに応募するけど受からずにやる気があっても決まらない人が毎年出てきます。そんな人たちに当てはまる共通点が実あるんです。
2017年の就活(2018年卒)の就活がいつ始まるか決定!!
2017年の就活なので現在3年生で2018年卒の学生の就活が始まる時期がいつなのか決定しました!
就活でがんばったことなど経験や話題がない学生への2つの解決方法
就活でよく聞かれることが学生時代に何を頑張ったか、どんな経験があるかです。それがない人への解決方法を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ