就活

20代大卒のフリーター再就職はどうするべきか。ハローワークは行ってはいけない理由

<% metaKeywords %>
大学を無事卒業して新卒として就職をする学生が多い一方で、フリーターになってしまう学生もいます。

そのフリーターになる人の割合は3%です

そしてニート、非正規社員を入れると20%にまで数字が伸びています。

フリーターになる主な理由は2つです。

・内定がもらえなかった

・夢を追いかけるため

しかし夢を途中で諦めてしまったり内定がもらえずフリーターとして働いたもののバイトするのが嫌になる方もいます。

 

20代の既卒は再就職できるのか?

<% metaKeywords %>
まず再就職はできます。

今は売り手市場とも言われており働き手の需要は高いです。

働きたい業界を絞らなければ人手の足りない職場を受けていけば大丈夫でしょう。

しかしどうやって再就職すればよいか分からない人や面倒くさいからフリーターから抜け出せない人が多いのが現状です。

仕事を探す=ハローワークのイメージですが大卒でハローワークは良くない理由があります。

大卒の既卒がハローワークに向かない3つの理由

ハローワークが大学の既卒に向かない3つの理由はこのようになっています。

 

ハローワークの求人募集

ハローワークには求人で募集してる条件より実際は悪い環境(労働時間が長い給料が低いなど)の可能性があります。

それならわざわざ就職する必要性がなくなってしまいます。

 

パートやアルバイトの職員が多い

ハローワークは職員が丁寧にヒアリングや企業とのマッチングを丁寧にしてくれる職員がいると良い環境と言えます。

しかし現実は厚生労働省の発表によるとハローワークの非正規社員(パートやアルバイト)が全国平均で4割もいます。

これは公的な場所では割合が高いそうです。

 

ハローワークは無料であること

これは企業側が求人を出すことが無料ということです。

良いと思えますが逆にデメリットでもあります。

無料ということはどんな企業でも出せますし求人の幅も若い世代から高齢者を募集しているところもあるため専門的とは言いづらいです。

 

大卒(既卒)を重視してる就活サイトの方が良い。

紹介した通りハローワークは幅広い年代に向けています。

そして公的な場所と非正規社員が多いという理由で1人1人の就職支援を熱心にやってくれない可能性もあります。

一方、大卒(既卒)を主に置いている就活サイトはこちらは無料ですが企業側が求人を出すためにはお金がかかります。

そのため企業側もお金を出して求人を出すため真剣ですし就活サイトの職員は大卒(既卒)をずっと相手にしているため専門的な知識も身についています。

主に大卒(既卒)向けにおすすめの就活支援サイトはこちらになっています。

→ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!
→日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

既卒で再就職やフリーターから抜け出すのには手間がかかるように思いますが親切にサポートをしてくれます。