【103万の壁を越えた学生の末路】親がいくら税金を払うか具体的に教えます。

学生が103万の壁を超えたら自分と親の税金は具体的にいくら?

103万,超えたら,学生,親,税金,いくら払う,所得税
アルバイトをしていると、103万の壁というキーワードを耳にしますね。

 

時間もあるし、もっと稼ぎたい学生にとっては邪魔な制度でしかありません。

 

この103万の壁のルールについては、勘違いしている人も多いので、ここでおさらいをしておきましょう。

 

【103万の壁についてのルール】

 

  • 1月の給料(先月12月に働いた分)から12月の給料(11月に働いた分)までの1年間の給料が103万以内ということ
  •  

  • 手渡しでもバレる
  •  

  • かけもちでも合計金額が103万円以内
  •  

  • 交通費は103万の壁に入らない
  •  

  • 103万を超えたら自分の払う税金が多くはならず、親の税負担が増える

 

ここで重要なのは、103万の壁を越えても自分で払う税金は関係なく、親が払う税金が増えるということです。

 

ちなみに、130万円を超えると自分の払う税金がすごく多くなりますが今回は混乱するため説明を省略します。

 

 

そして、この103万を超えた場合と超えない場合で親がいくら税金を払うかがどのサイトを見ても分かりづらいのが現状です。

 

分かりづらい理由は、難しいキーワード(基礎控除・扶養控除など)を使っているからです。

 

それらの難しい計算は後にして、親の年収が○○万円で103万の壁を越えたら○万円の税金が増えるなどの具体的な数字で説明します。

バイトで年間103万円を超えた時に親の所得税と住民税の負担はいくら増える?

103万,超えたら,学生,親,税金,いくら払う,所得税
結論から言うと、学生が103万の壁を越えたら親の税金の負担額が7万8千円増えます。

 

ちなみに、これはお父さんが年収500万円で大学生の子供1人と奥さんがいる仮定の計算結果です。

 

増えた税金の内訳は、住民税が4.5万円と所得税が3.3万円です。

 

 

よく『バイトで103万の壁を超えると損をする』ということを聞くのは、この差額のことを指しています。

 

学生が104万稼ぐと親が7万分を損します。

 

もし学生が102万円で抑えると、親は7万円分を損しないで済みます。

 

家族全体で損得を見ると、学生は110万円以上稼がないと親の税金負担額の増額分を埋め合わせできないのです。

 

 

別に自分が稼ぐだけで、親の負担額は関係ないと思うなら気にせずに大丈夫ですが非効率です。

 

なぜなら103~110万円くらいで稼ぎ終えるなら、102万で抑えて税金が浮いた分の7万円を貰った方が楽だからです。

 

 

たとえ110万円以上稼いでも、次は130万円の壁が待っています。

 

130万円は初めにも言った通り、自分が払う税金が増えて逆にお金を多く取られてしまいますので絶対おすすめできません。

 

 

税の金額の分かりやすい説明と査定の仕方

 

主に社会人が給料から引かれる税金が住民税と所得税です。

 

住民税が10%、所得税が年収に比例して約10~20%を年収の中の一定額に掛けて計算されます。

 

 

さっきの例にも出した年収500万円の人は、500万に10%などの税金率を掛けてはいません。

 

なぜなら控除という税金が浮くように年収から金額を引く制度があるからです。

 

分かりやすく言うと、年収500万円の人が控除金額ということで150万円を差し引くとしましょう。

 

 

そうすると住民税が10%としても、年収500万から控除金額150万を引いた350万円から税率10%を掛けて税金を徴収します。

 

このケースなら、50万円の住民税(500万×10%)が控除金額のおかげで35万円(350万×10%)になって15万円お得ですよね。

 

 

控除には、基礎控除(108~200万)・配偶者控除(33万)・扶養控除(33~63万)というものがあり、年収からこれらの控除を引くと親の負担税金が分かってきます。

 

103万の壁を破ってしまうと損をする理由はこれ!

 

控除という税金の額を軽くしてくれる制度が、税金の額を変えたり左右するということは説明してきましたね。

 

そして、この制度に学生の103万円の問題と親の税金負担が関わってきます。

 

 

なぜならアルバイトで103万を超えると、親が扶養控除分(33~63万円)が無くなってしまうからです。

 

よく聞く言い方だと、学生が親の扶養を外れてしまうってことですね。

 

だからこそ、103万円を超えると親に迷惑がかかってしまいますし、下手をすると損をしてしまいます。

 

 

それでも稼ぎたい!!という学生はどうすればいいか?

 

それを次の章で紹介していきます。

103万を超えない・関係ないアルバイトは実はある!!

さっきも言った通り、103万円を超えると親の税金が無駄にかかってしまうというデメリットがあります。

 

そこで探すのは103万の壁に関係ないアルバイトですね。

 

 

よく103万で扶養に関係ないと言われる勘違いしてるNGバイトはこれらです。

 

  • 手渡しのコンビニ
  • 引っ越しなどの日雇い
  • 掛け持ちでバイト

 

これらも結局は、大企業が統制しているからこそ厳しいです。

 

おすすめの103万の壁が関係ないバイトはこれらです。

 

  • 治験
  • 居酒屋キャッチ
  • 夜のお仕事

 

治験とは、安全な新薬を最後のテストとして試してもらうものです。

 

そして治験に関しては、実際に国が103万の扶養に入らないと認めているから人気ですね。

 

居酒屋のキャッチなどは、歩合制なので大変です。

 

やはり治験が時間の作れる学生にとって一番稼ぎやすいです(時給換算1500~2000円)

 

 

大学生におすすめな治験サイトはこちらの記事で紹介しています。

 

大学生が3日で7~8万貰えるバイト【治験】とは?

 

ちなみに、女子大生限定だとこの下の記事でバイト以上に儲かります。

 

女子大学生に人気の短期・単発バイトを教えます!1時間からOK !?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合法な

【スポンサーリンク】

トップへ戻る